復縁ムーン

復縁から結婚はできる?結婚前提で復縁するべき理由や結婚が成功する復縁期間など大公開

  • 6月 24, 2020
  • 6月 22, 2020
  • 復縁
  • 3view

元カレとの復縁を考える際は結婚前提で復縁すべきだという意見も少なくありません。

復縁から結婚は嬉しいけど、また喧嘩して別れることになったら…、もう二度と復縁できないのではないかなど、復縁に関する悩みは尽きません。

復縁からの結婚を成功させるには?

結婚へと続く復縁期間とは?

こちらでは、復縁から結婚できるカップルの特徴ほか、復縁してから結婚までの期間、結婚に繋がる復縁のアプローチ方法などについて、詳しく説明したいと思います。

復縁からの結婚を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

復縁から結婚できるカップルの特徴

lineやメールだけに頼らず、電話をかける習慣がある

電話をかける女性

復縁から結婚できるカップルには付き合っていた頃からlineやメールだけでなく通話する習慣があったという特徴があります。

Lineは大変に便利なもので現在では無くてはならない連絡手段の一つとなっていますが、相手にすべての思いを知ってもらう手段としては少し物足りない部分があり、説明不足から誤解を招くことも少なくありません。

ですが、電話は相手の声を直接聞くことができる上、相手が何を言おうとしているのか、感じ取ることができるというメリットがあります。

復縁から結婚するとなれば、相手との対話は必要不可欠です。

そんな時、通話する習慣を持っていたカップルであれば、相手に電話をかける際にも躊躇なく通話ボタンが押せるでしょうし、また、電話を受ける方も躊躇なく通話ボタンを押すことができるのではないでしょうか。

喧嘩したまま別れて、彼との電話が久しぶりだったとしても、通話する習慣がないカップルに比べれば、電話が怖くないはず。

習慣として身につけたものはそうそう消えるものではありませんので、安心して習慣化しておきましょう。

ちなみに、復縁のきっかけに電話をかけるという行動がありますが、相手との通話が苦にならない人ほど復縁できる確率が高いそうです。

日ごろから電話が苦手な人、何かあっても電話できない人は付き合っている頃から電話する習慣をつけておくと良いでしょう。

もちろん、彼にも電話が鳴ったら出る習慣をつけておくことをお忘れなく。

そうすれば、喧嘩した後でもいつもの電話よりも少しだけの勇気を出せば、通話ボタンを押すことができる上、喧嘩別れから自然消滅という流れを経験せずに済みますね。

社内恋愛で、同じ部署で働いている

仕事中のカップル

元カレが同じ会社で勤務している人だった場合、復縁から結婚への流れがスムーズに進む可能性が高いといえます。

それは社内の同僚達からの協力を仰ぐことができるからです。

恋愛でトラブルが発生して別れ話となった場合、当事者同士では埒が明かず、話がつかないことが多いのですが、そこに冷静な目で見て判断できる第三者的な役割の人が居ることで話がスムーズに進む場合があります。

社内恋愛の場合、2人の周囲には大勢の同僚や上司がおり、彼らからのヒント、彼らからのアドバイスでうまくいくことも少なくありません。

特に同じ部署で働いているカップルであったならば、周囲はみな2人が付き合っていたことも、付き合っていることを隠していたとしてもそれとなく知っていたであろう人は少なくないでしょう。

そういった環境に居た2人であれば、周囲の協力を得て復縁することはもちろん、復縁から結婚へと話がとんとん拍子に進むことも考えられますね。

ただし、2人が周囲の協力を仰ぐことを拒否しない場合は、に限ります。

元カレとの復縁を考えている時は周囲のお節介ともいえるアドバイスは素直に受け入れることをおすすめします。

お節介する人の好意は有難いもので、その人の好意を素直に受け入れることが復縁から結婚への流れをつくってくれると言っても過言ではないのですから。

どちらも趣味を持っていて、お互いに別々の人間関係を持っている

休日の彼

復縁しやすいカップル、復縁から結婚へと進むカップルにはある共通点があります。

それは、お互いに別々の人間関係を持っていることです。

カップルには大きく分けると、勤務先も同じ、趣味も同じ、行きつけの店も同じ、住んでいる場所もそう遠くないといった共通点の多いカップルと、お互いに干渉しない距離感を保ち、デートしない日は相手が何をしているのかも知らないというカップルがいます。

この2つのカップルのうち、復縁から結婚へと進みやすいのはお互いに干渉しない距離感を保っているカップルになります。

趣味の場で知り合ったカップルならば、趣味のものを揃えるショップや行きつけの店が同じになってしまうのは致し方のないことですが、その共通点の多さがカップルの寿命を短くしてしまうこともあるため、注意が必要です。

特に男性で自由な生き方を好むタイプの人だった場合、自由にできない息苦しさから別れを考えるようになってしまう人も少なくありません。

その趣味で、お互いの意見が対立してしまうこともあるでしょう。

そうなれば、お互いに距離を置こうとして、デートの回数が減り、やがて自然消滅へ。

しかし、お互いに干渉しない適度な距離感を保って付き合っているカップルはふとしたことで喧嘩して別れてしまったとしても、復縁、復縁から結婚へと繋げることができるといえます。

その理由は2つあります。

1つは、趣味の時間を大切にすることで、お互いを冷静な目で見て冷静に判断しようとする心の余裕を持つことができるからです。

例えば、趣味が陶芸だとしましょう。

陶芸は、ろくろを回すだけではありません。

最初に自分がつくりたいものを想像してデザインを起こし、そのものに合わせて土を選び、無心で土をこね、ろくろを回して形をつくり、焼き上げます。

ろくろに乗せてくるくると回しながらデザインしたものを手と指先を使って仕上げていく工程は集中力を切らさないよう、しっかりと指先を見つめ、回します。

目の前のことに必死になる時間ですが、この時間が頭をスッキリとさせ、冷静な目、冷静な判断力を養ってくれるのです。

陶芸を趣味とする人の中には「昨日ちょっと言い過ぎたかも…」「今日、電話で素直に謝ってみよう」「彼には彼の考え方があるんだから、押し付けは良くなかった」など、彼とのやりとりを思い出しながら反省している人も少なくありません。

その反省が2人の仲をこじらせずにうまく進める秘訣だといえるかもしれません。

もう1つは、別の人間の意見を聞くことができるからです。

趣味の場にはさまざまな世界で活躍する人がいます。

同じ業界で仕事をしている人ばかりではありません。

異業種の世界で住む人々の話は他愛のない話であっても楽しいものです。

同じ意見を聞くにしても異業種の世界に生きる人から聞けば、素直に聞くことができるのではないでしょうか。

同じ意見でも、毎日顔を合わせる両親の意見は説教と取り、自分の好きな世界で頑張っている人の意見は貴重なアドバイスだと受け入れることができるものです。

それと同じです。

同じ趣味を持つ人の話は、不思議なことに素直に聞けるものなんですね。

そういうお互いの知らない人間関係を持つことで、自分の中に違った意見を入れることができ、お互いに反省する機会が増えることから、復縁、復縁から結婚へと進むことができるというわけです。

復縁しても結婚に辿り着かないカップルは何が原因?

性格・どちらかが意地っ張りで素直になれない性格を持っている

意地っ張りな彼女

復縁できても結婚まで辿り着かないカップルにはさまざまな事情がありますが、最も分かりやすい理由はどちらかが意地っ張りで素直になれない性格を持っている場合です。

意地っ張りな性格とは頑固で融通が利かない、強情な人のことをいいますが、良く言えば芯が強く、意思が強いというのでしょうか。

ちなみに、意地っ張りの反対は柔和、柔軟、素直になります。

その意地っ張りな性格を持つ男性とようやくのことで復縁にこぎつけたのに、また、些細なことで口喧嘩してしまった…、となれば、もう二度と復縁はできないかもしれません。

意地っ張りな性格を持つ男性は女性から見れば、その意地っ張りなところが可愛く見えることがあり、年上の女性や大らかな性格の女性に好かれる傾向にあります。

もし、あなたが彼より年上で、大らかな性格の人であった場合、彼の弱い部分を見せたくない、傷つくのが怖いといった意地っ張りなところが可愛くて仕方ないでしょう。

しかし、このタイプの男性は復縁できたとしても、結婚までの道のりは遠く、なかなか思うように進まないかもしれません。

それを覚悟の上で付き合うのであれば問題ありませんが、最終的に結婚を目指しているのであれば、喧嘩しないように付き合っていくほか手段がありません。

意地っ張りな男性はあなたが素直に非を認めて謝ろうとしても、意地を張って聞く耳は持たないがごとく、彼女の電話を着信拒否、lineをブロック、仕事先で待っていても完全無視といった態度を取るかもしれません。

こうなってしまってはお手上げです。

環境・お互いに仕事が忙しく、2人のデートのタイミングが合わない

仕事に集中する女性

お互いが仕事に忙しく、復縁後もその環境が変わっていなかった場合、復縁できたとしても、すれ違いの日々が続いてしまうことで結婚までの道のりが険しく厳しいものになる場合、結婚には辿り着けないというカップルも少なくありません。

例えば、彼、または彼女が決算期や時期に左右される販売職や営業職に就いている場合です。

昨今は男性だけが出世する時代ではありません。

女性だろうが男性だろうが性別に関係なく能力のある人であれば、大勢のスタッフを指示できる責任ある立場になれる時代です。

もしも、あなたがそのタイプの女性であった場合、無事に復縁できたとしても復縁前と同様、時期によっては仕事が忙しくなることからデートの誘いを断ってばかりとなれば、復縁前以上に彼の理解が重要です。

彼の理解が得られなければ、もしかしたら彼との結婚は難しいものとなるかもしれません。

絶対に結婚できないとは言いません。

しかし、このような環境で毎日を送っているとなれば、復縁前と同じような状況に陥ることは想像に難くありません。

復縁前と同じような状況となり、再び口喧嘩となった場合にはそれが致命的な喧嘩となる恐れもあるので、注意が必要です。

また、復縁前と同じような状況になることへの不安から、彼はあなたのことを結婚相手とは考えないかもしれません。

そうなる前に、自分が仕事に向き合う姿勢、思い入れなどを彼にじっくりと聞いてもらっておきましょう。

ちなみに、復縁後は復縁前以上の細かい気遣いが必要となる他、連絡の頻度も復縁前以上の頻度が求められると言われます。

すれ違いばかりの生活はお互いに寂しさを抱えるものですが、復縁後は復縁前よりもその寂しさを実感しやすくなっているだけに、細かな気遣いが必要です。

中でも注意しなければならないのは辛抱強く心根の優しい彼の場合です。

復縁後のお互いの環境を理解しようと努めてくれる人だけに、お互いの距離が以前よりも遠く感じるようになった、もしかしたらわざと避けているのではないか、復縁したことを後悔しているのではないかなどの猜疑心にも似た思いを持ってしまうことがあります。

胸に宿った猜疑心は徐々に大きくなり、あなたのことを信用できない、あなたとは結婚を考えられないと考えが発展させてしまう可能性が高いので、特に注意しておきましょう。

このような猜疑心を持ってしまっては、結婚の話どころではありません。

結婚はタイミングだといわれますが、そのタイミングがずれてしまうと結婚への流れも変わってきますので、どんなに仕事が忙しくても、復縁後はデートの回数を減らさないよう連絡の頻度を高めることを意識しておきましょう。

女性心理・結婚を希望する彼女と結婚を想定していない元カレとの温度差

悲しむ彼女

元カレとの復縁は結婚前提ですべきだという意見がありますが、復縁が結婚へと辿り着かない原因の一つに、2人の温度差があります。

女性の中には結婚したい気持ちを言い出せずにただ復縁したいことだけを伝えてしまう女性も少なくありませんが、もしも復縁する元カレとの結婚を考えているのであれば、復縁の話し合いをする際にはその気持ちを素直に彼に伝えておくことをおすすめします。

男性は女性の繊細な気持ちが変わりにくく、その言葉のみをそのままに受け取ってしまう人も少なくありません。

そうなってしまっては、復縁後に結婚の話し合いをしたくても、結婚を前提とした復縁とは思っていない彼と結婚を前提とした復縁のつもりのあなたの間で距離ができてしまい、その距離を感じることで2人の間に溝ができ、再び別れ話へと発展しまうかもしれません。

復縁の話し合いをする時は結婚を前提としての復縁であるならば、まずは、そのことを彼に伝えてから話し合うようにしましょう。

一般的に、男性は女性から復縁の申し出は嬉しいものですが、その前提に結婚があることで復縁に良い返事をしない人も少なくありません。

復縁できても、結婚を前提としての復縁か、そうでない復縁かで後々揉めるようなことがあっては、楽しい恋愛生活を送ることができません。

そんなことにならないよう、あなたに結婚を前提としての復縁であるならば、まずは、元カレに「結婚を前提として復縁したい」との気持ちをきちんと伝えてから、彼の返事を聞くようにしましょう。

恥ずかしいから…、復縁できるだけでも嬉しいから…などの安易な理由で結婚を前提とした復縁だとはっきりと伝えることができずにうやむやのまま復縁してしまう女心も理解できますが、その場合、あとで後悔することにもなり兼ねませんので注意しておきましょう。

復縁の話し合いをする時はその話し合いをする日までに、自分自身の気持ちに向き合い、素直な思いを問いかけ、自分の気持ちを素直に伝えることができるよう、しっかりと確信した上で復縁の話し合いをすることをおすすめします。

男性心理・まだまだ遊び足りない

彼女以外の女性とキスする彼

結婚すると、自由にお金が使えなくなるから、他の女性との恋愛が楽しめなくなるから、またまだ結婚を焦る年齢でもないなどの理由で結婚を躊躇する男性も少なくありません。

この場合の男性には大きく分けて2つのタイプがあります。

1つは好きな女性ができると、その人しか見えなくなる直情的、尚且つ一途なタイプです。

もう1つは、好きだけど結婚と恋愛は別だと考える計算高いタイプです。

どちらも独身生活を満喫したい気持ちを持っていますが、前者は好きな女性=結婚相手となりやすく、後者は好きな女性=恋愛相手となることから、復縁から結婚へは辿り着けないかもしれません。

まだまだ遊び足りない、自由に恋愛を楽しみたいと思う男性であっても、根が一途な男性は本当に好きな女性ができるとその女性との結婚を真剣に考えるようになりますので、復縁のきっかけでプロポーズする人も少なくありません。

しかし、結婚と恋愛は別だと考えるタイプの人は自分が自由にお金を使えなくなっても構わないと思えるような、本気で愛せる女性に出会うまで、のらりくらりと結婚問題から逃げるという狡猾さを持っていますので、注意が必要です。

彼が結婚と恋愛は別だと考えるタイプの男性であった場合、復縁はできても、それから結婚への道のりはなかなかに難しく結婚できるまでにはかなりの時間が必要となりますので、真剣に結婚を考えるのであれば2~3年は覚悟しておきましょう。

ただし、妊娠・出産適齢期なる時期が近い人は要注意です。

男性は女性と違い、妊娠・出産適齢期がありません。

ですので、男性はいくつになっても子どもを授かる可能性があると思っている人も多く、それが独身生活を満喫できるだけ満喫しておこうと考える男性の根底にある真意だと言っても過言ではありません。

このタイプの男性はほとんどの人が結婚に対しての期待が薄く、何かのきっかけがなければ結婚しないタイプだと言っても過言ではないのです。

そんな彼の心を復縁から結婚へとスムーズに進めるには、何かのきっかけを意図的につくることが重要です。

例えば、結婚に向けての準備ともいえる心準備を徐々に植え付けていく方法です。

デートの際、結婚しているカップルとのダブルデートを計画したり、赤ちゃんのいる先輩の家に遊びに行った写真を見せたり、料理の腕を上げたりなど、彼に結婚を意識させられるようなデートを計画してみてはいかがでしょう。

もしも、彼がそれでもまだまだ遊び足りない、自由に恋愛したいと思っているのだとしたら、あとは授かり婚しかありません。

彼のことを好きなのであれば、実行あるのみです。

男性心理・養う自信がない

孤独な男性

昨今、少子化がクローズアップされ、それに伴い晩婚化が問題視されていますが、その原因の一つに、お金の問題があります。

生活はお金がなければできません。

自分で稼いだ給料は自分だけで使いたいという思いを持つ男性も少なくありませんが、その心の奥底にはお金へのコンプレックスがあると言っても過言ではありません。

男であれば好きな女性ができれば、その女性を独り占めしたいもの。

彼女との結婚を夢見て、彼女との甘い結婚生活を楽しみにしても不思議ではありません。

しかし、自分が非正規雇用だとすれば、結婚に踏み切る勇気が出ないかもしれません。

復縁はできても結婚まで辿り着けないのは、このような深刻な問題に直面している人も少なくないのです。

結婚となれば、結婚式のための費用、新婚旅行の予算などを考えなければなりません。

もちろん、その後の生活もあるでしょう。

2人の結婚生活を支えていけるだけの給料があれば、すぐ結婚し、子どもを産むことができますが、それだけの給料がないとなれば、結婚への道のりは遠く険しいものとなるといえます。

男性はただ遊びたいがためだけに独身生活を通しているわけではありません。

このような深刻な問題に悩み、復縁から結婚へと進めない男性もいることを知っておくことが大切です。

元カレと復縁するなら結婚前提ですべき!その理由はなに?

結婚に向けての具体的な話し合いができる

結婚するカップル

元カレとの復縁を考える時は結婚を前提ですべきだという人も少なくありませんが、その理由の一つに結婚に向けての具体的な話し合いができるというメリットがあります。

復縁を決意する人の中にはそれまでの寂しさを埋めたいから、新しい恋人ができそうにないからとか、とりあえず今付き合っている人がいないから、その間の繋ぎとしてとかなどの安易な気持ちで復縁する人も少なくありません。

しかし、結婚を前提とした復縁であれば、それらの安易な気持ちを回避し、真剣に2人の将来に向けての具体的な話し合いをすることができるのです。

また、結婚するんだという2人の気持ちを見直すことで結婚に向けて、心の準備、環境を整えることもできるので、結婚への2人の意思表示を周囲の人にしっかりと理解してもらうことができます。

例えば、結婚を1年後と決めたとしましょう。

両親への挨拶は半年後までに済ませておく、また、今住んでいる賃貸物件の更新時期を見直しておく、2人が暮らす部屋をじっくりと見て回ることができるとか…。

こういった具体的な話し合いを行うことで彼、あなたの気持ちがスムーズに結婚へ向き、また結婚への期待値も高まるでしょう。

そうすれば、お互いに相手の心の中を推し量るようなこともしなくて済みますので、余計なストレスを抱えることもありません。

お互いに人生の目標が決めやすく、パートナーへの信頼度が高まる

結婚へ向かう気持ち

元カレとの復縁は結婚前提ですべきだという理由の一つに、お互いに人生の目的、目標が決めやすくなり、パートナーへの信頼度を高まるというメリットがあります。

人はそれぞれに目的、目標を決めて毎日を過ごしています。

目標のない人もいますが、朝起きて出かける支度を整えたら「今日は何を食べようか」「今日はこの前と違うルートで出勤してみようか」などと何気なく口に出してしまったりしたことはありませんか?

「今日はこの前食べ損ねた人気のカフェランチに挑戦してみよう」とか、「今日も頑張って働くぞー」とか、不意に自分に自問自答してみたりすることがあるでしょう。

それも一つの目標です。

チャレンジしてみよう、○○してみようという精神はいわゆるチャレンジ精神であり、些細な目標であったとしても、その日の目標に変わりはありません。

確かに、小さなチャレンジ精神は自分の人生をかけるほどの大きな目標ではありませんが、日々小さな目標を立てて、その目標を達成するためにチャレンジしている人も少なくありません。

ささやかな幸せを感じながら満足感を味わっている人、毎日をドラマチックに生きている人、ロマンあふれる出来事が目の前で繰り返されることに満足し、アグレッシブな時間を満喫している人など、人にはさまざまなタイプの人がいます。

みなそれぞれの場所でそれぞれの幸福感を味わいながら暮らしているものなのですね。

その目標を将来のパートナーとなる結婚相手と共有できたなら…、こんなに幸せなことはないでしょう。

そのためにも復縁する際、お互いに結婚を前提とした復縁だと理解しておくことが大切です。

そうすればデート中に「彼は結婚を考えてくれているのかしら」「彼の本当の気持ちは?」などの不安な気持ちを抱くこともないので、彼の顔色ばかりを伺い、彼の日常をすべてチェックしておきたいという衝動に駆られることもありません。

恋愛中、彼のことでストレスを溜めることなく過ごせれば、自分磨きに集中することもできますね。

自分磨き=自分の目標です。

心に余裕を持つことで、あなた自身が自分の人生を見つめて自分なりの目標を決める時間がつくれるだけでなく、彼を必要以上に束縛してしまうこともないので、些細な諍い、トラブルを防ぐこともできます。

喧嘩のない毎日はカップルにとっては至福の日々です。

そうなれば、お互いにパートナーへの信頼度を高めることもできるでしょう。

ちなみに、恋愛中、最も不安になる時は彼の気持ちが分からなくなった時ですよね?

結婚を前提とした復縁であれば、そんなネガティブな考えを持つこともありません。

彼の気持ちを前もって知っておくことで素直に将来の目標を話しやすいという環境がつくれ、生涯のパートナーとなる彼の協力を仰ぐことも難しいことではありません。

夫婦になっても夫、妻に自分の目標を言い出せない人も少なくありませんので、それを考えれば、結婚前に将来の目標を話し合える環境があることはその後の夫婦関係のあり方にも大きな影響を与えるはずです。

また、目標達成のために協力的な毎日を送るという関係性を築いておくことが、その後の2人の関係性、2人の人生に大きなメリットを与えてくれると言っても過言ではないでしょう。

彼に結婚を意識させることで、結婚を現実のものにしやすくなる

結婚指輪

復縁する際は結婚前提でとの意見が多いのですが、その理由は元カレとの結婚が現実のものになりやすいからです。

単なる復縁ではどちらかが結婚したいという希望を持っていても、お互いにその気持ちを確かめていなければ、相手の気持ちを想像するばかりになり、2人の関係は前へは進んで行きません。

しかし、結婚前提での復縁であれば、そんなドギマギした思いを持たずに済みます。

いつかは結婚できるかもという期待ともうすぐ結婚できるという期待では、雲泥の差です。

結婚を前提とした復縁であれば、デートするのもそれまで以上の嬉しさがあり、おしゃれにも力が入るでしょう。

結婚が現実のものになると決まっている時の女性は輝いて見えるもの。

あなたにとってこれ以上の喜びはないでしょう。

ただ、結婚前提の復縁であったとしても、必ずしも結婚できるとは限りません。

結婚を前提に復縁しても、それまでと同じような生活を送り、同じような対応をしていれば、また喧嘩が始まり、それをきっかけに別れてしまうことも少なくないからです。

結婚を前提の復縁であったとしても、それまでとは違う接し方をすることをおすすめします。

彼とは縁があった、この縁は私だけのものだなんて甘い考えをしていては、元の木阿弥です。

そうならないようにするためにも、また、結婚を現実化するためにも、彼に結婚を意識してもらうことが大切です。

例えば、復縁の話し合いをする際、結婚の時期について相談しておくことです。

結婚を前提の復縁だとすれば、その場で結婚の時期を決めても何らおかしいことはありません。

彼もそれを聞けば結婚を身近なものだと考えるでしょうし、結婚に向けての意識改革を始めるでしょう。

男性は女性と違い、結婚=責任と取る人も少なくありません。

ですので、彼との結婚を願うのであれば、そのタイミングで結婚する時期を決めてしまいましょう。

決めれば、一気にあなたとの結婚が現実を帯び、それだけ真剣に考え始めると言っても過言ではありません。

復縁したらどのくらいの期間付き合うべき?結婚に繋がる期間はどのくらい?

結婚願望が強い、妊娠・出産適齢期を迎えている場合は3か月が目安

結婚を夢見る彼女

今すぐにでも彼と結婚したいと願う結婚願望の強いあなたには復縁から結婚までの期間は3か月以内、もしくは3か月を目安とすることをおすすめします。

「もう二度と別れたくない」「この人以外との結婚は考えられない」などの真剣な思いがお互いにあり、復縁の話し合いの場が結婚を前提とした相談になった場合は期間を置かずに結婚の時期を決めてしまう方がうまくいく確率が高いです。

また、女性が妊娠・出産適齢期を迎えている場合も早めの決断がおすすめです。

女性は心身ともにデリケートなもので、自分が妊娠・出産適齢期を迎えているとなれば、それだけ結婚という2文字に敏感になっています。

女性であれば女性としての機能を少しでも安心して活用したいという願望を持っているもの。

そのためには1つの季節が終わる期間、3か月がベストタイムであるといえるでしょう。

慎重派のあなたは半年から1年の間がおすすめ

おんぶされる彼女

結婚を前提に復縁してみたけれど…、彼のことをもう少し慎重に考えたいというあなたには半年から1年の間、もう一度じっくりと付き合ってみることをおすすめします。

半年から1年と言えば長く感じますが、喧嘩して別れたカップルならば、その喧嘩の原因になったことをもう一度慎重に考えてみるだけの長い時間が必要です。

例えば、彼の浮気だった場合です。

また彼が浮気しないとも限りません。

それを確認するためにも半年から1年の期間はじっくりと彼の態度や言動をチェックしておきましょう。

復縁後すぐ結婚となるカップルも少なくありませんが、それは彼があなたを裏切ったことのない場合です。

もしも浮気で喧嘩別れしたのであれば、彼の誠意をきちんと確かめなくてはなりません。

そのためにも半年から1年はじっくりと考えるというスタンスで付き合っていきましょう。

形式にこだわらないあなたは1年以上でも大丈夫

一人を満喫する彼女

結婚と前提としての復縁だけど、結婚という形式にはこだわらないというあなたには1年以上の期間を置くことをおすすめします。

お互いに結婚願望がなく、今すぐ子どもが欲しいような状況でない場合は1年という長い期間を置いてもまったく問題はないでしょう。

女性の中には「彼のことは好きだけど、集中して仕事できる環境が欲しい」「今の距離がちょうどいいので、できれば、今のリズムを乱したくない」という女性もいるでしょう。

その形式をお互いが理解していれば、復縁すぐ結婚とはならなくても、2人の気持ちが冷めない限り、うまく付き合っていけるのではないでしょうか。

人はみなそれぞれに事情があり、その事情の中でベストな生活サイクルを選び暮らしています。

そのサイクルを結婚という形式で乱れることを嫌う人も少なくありません。

ちなみに、形式のこだわらないカップルの復縁から結婚までの平均期間は1~2年だそうです。

結婚に繋がる復縁にするためにあなたに必要な復縁アプローチ方法

電話やlineを使って、結婚したいという気持ちを素直に伝える

電話をチェックする女性

結婚に繋がる復縁にするためには、元カレに結婚したいという気持ちを素直に伝えることが大切です。

どんなに真剣に思っていても、ただ心の中で訴えているだけでは気持ちは伝わりません。

実は、素直に気持ちを伝えるという行動はなかなかに勇気がいるもので、彼の顔を見たら、思っていたことの半分も言えなかったという人も少なくないのです。

素直に気持ちを伝えることが怖い時はメモに聞いて欲しいことを箇条書きにして持参し、そのメモを見ながら声に出してみましょう。

そうすることで、あなたの必死さが彼に伝わり、あなたの真剣な気持ちを理解してくれやすくなります。

【社内恋愛】外見を180℃変えてみる

ポップな彼女

復縁から結婚へと繋げるためには、外見を180℃変えてみてはいかがでしょう。

久しぶりに再会したあなたが彼の想像していたあなたと違った場合、彼はその外見にびっくりして「何があったんだ」と疑惑を抱くはずです。

この方法はプラス、マイナスどちらにも大きな効果を発揮しますので、できれば、プラスに働くような外見を手に入れておくことをおすすめします。

例えば、シャープな大人女性だったあなたが男好きするふんわりとした癒し系女性へと、エレガントな大人女性がカジュアルなナチュラル美人へなど。

真逆の女性に変身することで彼はあなたの違った一面を知り、再びあなたに興味を抱くでしょう。

どんな時でも相手をびっくりさせることができれば、話の主導権を握ることができます。

そうなれば、結婚前提の復縁の話し合いもあなたペースで進めることができますよ。

【社内恋愛】自分磨きをして、精神的な成長を図る

努力する女性

復縁する際、男性は元カノの精神的な部分の成長を重視するといいます。

別れの原因があなたの性格にある場合は、このアプローチ方法がおすすめです。

まずは、自分磨きを頑張りましょう。

どんなことも構いません。

趣味を見つけて集中力を養ったり、新しい仲間をつくって彼らとの時間を楽しんだりなど。

どんなことでも新しい何かを始めることで、人は人間的に成長できるものなのです。

嫉妬心丸出しの女性であったことが原因で元カレと別れたのであれば、その嫉妬深い性格を直せるよう男性側の意見を素直に聞いてみる、自分に自信を持てるものを探して資格を取得してみるとか。

どんな小さなことでもすべて自分の糧になります。

まずは何かを探して、挑戦してみましょう。

元カレもあなたの輝く笑顔を見れば、あなたのことが気になって仕方ないはずです。

復縁の話は、彼とよく目が合いかけた時がチャンスです。

復縁から結婚へは結婚前提での復縁がおすすめ。理由と成功する期間を紹介

嬉しい彼女

復縁から結婚はできるのか?

答えはイエスです。

結婚前提での復縁の話し合いでそのまま結婚の相談となるカップルも少なくありません。

復縁からの結婚を考えている時は素直にそのことを元カレに伝えましょう。

どんなことでも言葉にしなくては伝わりません。

まずは、元カレに連絡を取り、2人で会える時間をつくってもらいましょう。

復縁ムーン
最新情報をチェックしよう!
>復縁ムーン

復縁ムーン

復縁ムーンはどうしても元カレと復縁したいアナタ向けのハウツー記事を無料公開する復縁特化型メディアです。心理学を使った男性心理を操るテクニックや、おまじないなどのスピリチュアルな復縁方法など復縁に関する最新情報をお伝えいたします。

CTR IMG