復縁ムーン

復縁への冷却期間が必要な人と不要な人の見極め方!冷却期間の意味や効果や必要な期間について

別れた元彼にまだ思いが残っている時、周囲の人から冷却期間を置くことで復縁できる、または復縁できたという話を耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか。

なぜ、冷却期間を置くことで復縁できるのか、そのことばかりが頭の中をぐるぐると回り、仕事や自分の生活に集中できない時間だけが無意味に過ぎて行ってしまうことに不安を抱え、更に自分を追い詰めてしまっている…、そんな人も多いでしょう。

別れた後、どんな行動を取ればいいのか、本当に冷却期間を置くことが必要なのか、冷却期間を置くことでデメリットを増やしてしまうのではないか…。

このような悩みを持つあなたに冷却期間が必要な人、不必要な人の見極め方他、冷却期間を置く意味や理由、その効果について詳しくアドバイスしたいと思います。

悩みながら冷却期間を置いても、ストレスを抱えてしまうばかりで、何の得にもなりません。

まずは、自分には冷却期間を置くことが必要なのか、不必要なにかをチェックしてみましょう。

別れ方別に考える期間、その期間の過ごし方についてもアドバイスしていますので、そちらもぜひお読みください。

目次

冷却期間の意味とは?復縁に必要だと言われているのはどうして?

冷却期間とは?その意味とメリットについて

笑顔の良い女性

復縁するための秘訣として冷却期間を置く方法をよく耳にすると思いますが、冷却期間とはどのくらいの期間を指すのか、それにどのような意味があるのか、よく分からないままでその時間を過ごしている人も多いのではないでしょうか。

冷却期間とは分かりやすくいえば、別れた後、暫しの間、お互いに連絡を取らない期間のことをいいます。

なぜ、この冷却期間を置くことが復縁につながるのか、好きだった彼と復縁したいと願っているあなたには冷却期間を置く意味、メリットが大いに気になるところでしょう。

冷却期間を置く意味には大きく分けて2つのメリットがあります。

まず1つにはお互いの感情を静め、落ち着いて別れた時のこと、相手のことを考える時間が取れることです。

別れ話をした時、その後数日間はどんなに冷静な性格の人でも別れた時の感情を引きずるものです。

売り言葉に買い言葉で相手からの「別れよう」の言葉に思わず逆上してしまい、「分かった!別れよう」と口走ってしまった人もいるかもしれません。

このような時は冷静な判断ができないもので、相手の言葉をそのまま聞いてしまうことから頭にカーっと血が上り、その高ぶった感情を抑えることができないんですね。

恋愛中は誰でも些細な口喧嘩をします。

これはどんなに仲の良いカップルでもするもので、特に相手への遠慮が少ない、長い付き合いのカップルにとってはその喧嘩さえも日常茶飯事の出来事となっている人も少なくないでしょう。

喧嘩するほど仲が良いなんて言葉を聞いたこともあるかと思いますが、喧嘩できるカップルには何でも言い合える、喧嘩しても相手を嫌うこともないぐらいの大きな信頼関係があることを自負している2人であると言っても過言ではありません。

この言葉が表す通り、喧嘩できることは2人が家族のような近い距離にいるという証明でもありますね。

しかし、それが極まれにお互いが想像もしなかった方向へと発展してしまう場合があり、別れへと向かった場合、その場の勢いで別れることを決心するカップルもしばしば。

その口喧嘩がきっかけとなり、別れる別れないといった大きな話へと発展してしまい、お互いに素直になれなくなってしまうことから別れてしまうカップルも少なくありません。

そろそろ潮時だと思っていた相手とは喧嘩の後で連絡を取らなくなっても後悔はないかもしれませんが、相手を本気で好きだった場合はそうはいきません。

連絡を取れないもどかしさを抱え、どうすればいいのか、と悩む日々を過ごすようになる人もいるでしょう。

また、その自分一人ではどうしようもないほどの高ぶった感情を持て余してしまうことから、周囲の人に当たったり、部屋に引きこもったり、死んでしまいたいと悩む人もいるでしょう。

そんな時、相手への連絡を控える冷却期間を置くことで、自分の気持ちに素直に向き合う時間をつくることができます。

これが冷却期間の最大のメリットといえます。

もう1つは、相手のことを本当に好きなのかを真剣に考える時間が持てることです。

付き合っている時は相手の良いところばかりを見てしまう傾向にありますが、少し距離を置くことで彼のことを真剣に好きだったのかについて、真面目に考えることができます。

彼の良いところ、好きなところ、嫌いなところや直して欲しい癖、悪い癖など、少し距離を置くことで今まで近過ぎて見えていなかった部分まで、しっかりと見ることができます。

お互いが暫しの間、連絡を取り合わないだけのシンプルな方法ですが、この期間を置くことで口喧嘩した時の別れ話をした時の高ぶった感情を落ち着かせ、冷静な判断ができる自分を取り戻すことができるというわけです。

こうして、再び彼との縁をつなぎ、またカップルへと戻れる2人も少なくありません。

自分の心に素直に向き合う時間は2人にとって大切な時間であり、その後の2人の関係性を変える重大な期間であると言っても過言ではありません。

また、この時間の過ごし方でその後の展開が変わってくる可能性もありますので、注意して過ごすことが大切です。

別れのショックを受け入れ、自分の感情をコントロールするための時間

考え込む女性

彼との別れは誰もが冷静な判断ができる状態ではありません。

冷静な判断ができる人とは元彼とはそろそろ別れ時だと考えていた人、彼よりも他に好きな男性が現れていてその人とうまくいくような気がしていた人、彼とは長すぎた春となっていて結婚を考えるような人ではない、何かのきっかけで関係を終えられたらいいなと考えていた人などです。

そうではなく、彼を本気で愛し、結婚は彼以外には考えられないと彼との結婚を視野に入れていた場合には別れたショックを受け入れるまでに相当な時間がかかり、また彼のことを忘れるために要する時間は周囲の想像をはるかに上回る時間が必要となるでしょう。

元彼がなかなか忘れられず、彼への思いを持て余してしまうことから、自分の感情をうまくコントロールできずに家族や仲の良い友人達にその感情をそのままぶつけてしまう人も少なくないでしょう。

家族と同居している時に別れを経験した場合、一人暮らしの女性に比べ、より寂しさを感じることがありますので、注意が必要です。

例えば、自分は彼と別れた寂しさから毎日涙を流して暮らしているのに、姉や妹は彼氏と仲良くデート三昧、彼女達の明るい声が耳に入るたびに苛立ち、自分のことを労ってくれない家族に腹を立ててしまったり。

ご飯を食べる際、家族と顔を合わせることさえもイヤになり、部屋から出なくなってしまったり。

こんなかっこ悪い姿を見られたくないのに見せてしまっている自分に対して自己嫌悪。

その自分の感情をコントロールできない不甲斐なさに、また涙…。

家族にこのような姿を見せてイヤな気持ちをさせてしまうことだけは大人の女性としては避けておきたいところですが、その感情をコントロールするために必要な時間が冷却期間だというわけです。

別れてしまったとはいえ、復縁の可能性がまったくないわけではありません。

冷却期間を置くことによって彼もあなた同様に、恋愛中のこと、あなたのことをもう一度考える時間ができ、復縁に向けての気持ちが出てくるかもしれないのです。

この冷却期間は自分の感情をコントロールするための時間だと考えましょう。

悲しい事実を受け入れることは自分に起こった現実を素直に受け入れることであり、その環境に馴染むまでには少々時間がかかるものです。

彼との別れは辛く寂しいものですが、別れた後の時間はあなただけの時間です。

どんな風に過ごすのかによって、あなたの女性としての品格が問われる期間でもあります。

もしかしたら、元彼が別れた後のあなたの言動、行動を気にして見ているかもしれません。

あなた自身の品位、品格を落とすことのないよう、別れた後の時間の過ごし方には注意しておきましょう。

別れという辛い過去を忘れ、新しい自分を見つける

ショックを受けている女性

彼と何らかの事情で別れたとなると、女性の小さな胸によぎるのが「失恋」なる言葉です。

「失恋」という言葉は「別れた」という言葉以上に女性の心に深い悲しみを植え付けます。

「失恋」という言葉がいつまでも胸に響いて、その現実からなかなか立ち直ることができず、新しい恋愛ができなくなってしまう女性も少なくありません。

それほどまでに深い悲しみを植え付けるのが、「失恋」です。

ちなみに、このような人に大きな影響を与えてしまう言葉を言霊と呼びます。

言霊とは言葉に宿っていると信じられている霊力のことです。

私達は言葉を使ってコミュニケーションを取りますが、それだけに安易に誰かを傷つけたり、不安にさせる言葉を使ってはいけないということですね。

さて、「失恋」なる言葉についてですが、恋を失う、恋が終わるなどの意味を持ちます。

恋が終われば深い悲しみがやって来ますが、その悲しみから立ち直るきっかけをつくってくれる役割を持つのが、冷却期間です。

冷却期間を置くことで、「失恋」という言葉で傷ついた悲しみを癒し、大好きだった彼と別れた過去を忘れ去り、その悲しみの淵から立ち直るチャンスを得ることができるのです。

辛い過去を自分なりに受け入れることができれば、人は前へ一歩ずつでも歩き出そうと懸命に頑張ります。

その一歩先にあるのが、過去を捨て去った新しい自分です。

冷却期間を置くことで得られるメリットは多く、それだけに貴重な時間となりますので、自分のことを信じて一歩ずつ前へ進んでいきましょう。

そうすることで過去の「失恋」に負けない自分を手に入れることができます。

別れてから冷却期間を設けないと復縁できない人の別れた原因や特徴

些細なことで口喧嘩が始まり、日ごろ隠していた彼への本音を言ってしまった

後悔している女性

どんなに好きな彼でも彼の全部を好きでいることは難しく、嫌いなところはないと言い切れる女性はいないと言っても過言ではありません。

人はみな完璧ではありません。

誰でも良いところ、悪いところ、気になる癖を持っているもので、その悪いところ、気になる癖も含めて好きになっているわけですから、敢えて彼が機嫌を損ねるようなことは口にしないのが大人の常識だといえるでしょう。

しかし、何かのきっかけで喧嘩になった時、日ごろ隠している思いがその時の勢いとともに出てくることがあります。

これぞ、売り言葉に買い言葉ですね。

日ごろは気にもならないことが喧嘩したことで突然思い出すことはよくあります。

その時の勢いのまま、彼が聞きたくない言葉を口に出してしまったとしたら、彼が受けたショックはあなたの想像を超えるものとなっているはずです。

このように彼が傷つくようなことを言ってしまって別れた場合には暫しの冷却期間が必要です。

例えば、彼が運動神経の悪さを気にしている人だとしましょう。

ちょっとした口喧嘩から「追いかけて来てもすぐ引き離せる!運動神経悪いんだから」と言ってしまったとしたら…。

運動神経が悪いことをコンプレックスだと思っている男性にとって、運動神経が悪いというストレートな表現は、回りくどい言い方に比べ、ショックは大きなものになります。

特にあなたが運動神経の良い人だった場合、彼はあなたが行う走る、動くといった動作を羨ましく感じていたかもしれません。

このような場合、その場ですぐ謝っても彼は許してくれません。

男性は女性よりも優位に立っていたいと願っているもの。

女性のあなたにコンプレックスを指摘された衝撃は1日2日で癒せるものではありません。

復縁できるまでには少なくとも1週間から10日はかかるでしょう。

彼の傷が癒えるまで、暫しの間、彼を信じて待っていましょう。

彼に新しい彼女の影が…。彼に問い合わせたら、付き合っていると聞かされた

彼を問い詰める彼女

別れてすぐ耳にしたのが「元彼、どうやら新しい彼女ができたみたいよ…」の言葉。

別れてすぐ彼女ができると聞けば元カノとしてのプライドはガタガタになってしまいますよね?

このような場合、別れてすぐ謝っても、元の状態に戻るのは難しいといえます。

まずは、彼に新しい彼女ができたのかを確かめることが大切です。

自分の目で見て確信した場合は、すぐには連絡を取らず、暫しの冷却期間を置くことをおすすめします。

期間は最低でも3か月、長ければ半年でしょうか。

もしかしたら、それ以上になるかもしれません。

なぜ、彼に新しい彼女ができている場合、3か月から半年の冷却期間を置く必要があるのかについてですが、それは、彼が新しい彼女と別れるまで待っていなくてはならないからです。

人の別れを待っているという行為はあまりおすすめできる行為ではありませんが、あなたが幸せになるには彼が別れるまで待つより他に方法はありません。

新しい彼女との間に無理やり入り込むような行為をしても彼に嫌われるだけで、あなたには何の得もありませんので、やめておきましょう。

彼が別れたと耳にするまで待っていましょう。

新しい彼女と別れたと聞いた時が復縁のチャンスです。

それまで暫しの間、彼のことをそっと思いながら再会できる日を待っていましょう。

会うたび喧嘩…。長すぎた春にストレスを溜めていた

ストレスを溜めている彼女

男性との付き合いはタイミングだといいますが、付き合いが高校生や大学からだとすれば、付き合いが長くなり、長すぎた春にストレスを溜めている女性も少なくありません。

例えば、このような場合です。

「友人達が結婚していくのを何度も見てるのに、彼からは「結婚しよう」の言葉もない。彼に私と結婚する気があるのかを聞いてみたいけど、その勇気がなくて聞けない。彼との未来に幸せはあるのかと悩んでいるけど、彼が好きだから別れられない。

結婚を意識して欲しくて彼に甘えてもみたけど、いつもと同じ。付き合いが長くなった分だけ恥ずかしさが勝ってしまって、彼も私も感動はなし、どちらかといえば、無表情。優しく抱きしめてもくれない。

それでも彼が好き、この気持ちを分かって欲しいと思って勇気を出して「結婚しない?」と聞いてみたけど、なぜか、その言葉がきっかけとなって久しぶりに大喧嘩してしまって、いつの間にか別れ話に…。あれきり彼には会えていない。」

長く付き合っているカップルにありがちな状況ですが、このような状態になってしまった場合、喧嘩が長引く恐れがあり、暫しの間、冷却期間を置くことをおすすめします。

なぜ、冷却期間が必要なのか、理由は2つあります。

1つは、付き合いが長くなってくると疑似家族のような近い関係になってしまっていることが多く、それだけに素直に「ごめん」が言い出せないからです。

家族間でトラブルがあった時、なかなか謝れませんよね?

それと同じです。

心のどこかで謝らなくても分かってくれているだろうという甘えが出てしまって、謝らなくても良い、謝らなくてもそのうち仲直りできると安易に考えてしまうんですね。

もう1つは、付き合いが長いだけにお互いの性格が分かっているからです。

付き合いが長くなってくるとお互いに慣れてきてしまって、新鮮味を感じない倦怠期なる時期を迎えてしまいます。

この時期はお互いに会うことさえ面倒に感じることがあるほどで、そのはけ口を双方に向けてしまうことから会うたび喧嘩が始まります。

喧嘩するほど仲が良いなんて言葉もありますが、この場合はちょっと違います。

会うたびに喧嘩するデートが楽しいはずはありません。

そうこうしてうちにそれまでのストレスが爆発して、大喧嘩に…。

このような形で別れてしまった場合、暫しの間の冷却期間を置くことで、お互いが自分の心に落ち着いて問いかけ、相手への素直な気持ちを知るきっかけがつくれます。

特に男性は冷却期間を置くことで、それまでの彼女の言動や行動を顧みる時間ができ、彼女に対しての本音に初めて気づく人もいるでしょう。

ちなみに、この場合の冷却期間は1~3か月がおすすめです。

冷却期間は必要ない!すぐに元彼に復縁へのアプローチが可能なケース

モテ系の彼の周りに女性の影がちらほら。うかうかしていられない

焦る彼女

別れ話をして別れた彼との復縁するまでに冷却期間を必要としないパターンはさまざまなパターンがありますが、最も急ぐのは彼がモテ系男子で、彼の周りに色気たっぷりの女性がうろうろしている場合です。

あなたと別れたことを知れば、みんなが彼に積極的なアプローチをしてくることが想像できる場合は彼を自由にする時間を与えてはなりません。

あなたという彼女がいなくなれば、その女性達は彼にさまざまなアプローチをし、彼に付き合おうと迫ってくるでしょう。

それを阻止するには冷却期間をつくらないことです。

彼と別れ話をしたあくる日、すぐさま彼に電話して「復縁したい」と素直に伝えましょう。

彼と仲良く同棲中!生活費などを折半しているカップルの場合

パートナーを見つめる彼女

冷却期間を置けない間柄として、同棲している場合が挙げられます。

一緒に生活していると些細なことで口喧嘩するようになりますが、それが別れ話へと発展すれば、どちらかがその部屋を出ていかなければならなくなります。

例えば、あなたが彼の部屋に引っ越しして来た場合です。

別れると決まったなら彼は「部屋を探して出て行って」と言うでしょう。

しかし、部屋の家賃、水道光熱費、食費などの生活費を折半している場合はそう簡単には出てはいけません。

2人で暮らしている人は分かると思いますが、2人が折半して生活費を出していた場合、一人暮らしよりも水準の高い生活をしているはずですので、すぐさま部屋の敷金、家賃などを用意できるかといえば、用意できない人がほとんどです。

彼も2人で住んでいた部屋に一人で生活して、水道光熱費などの生活費すべてを負担するのは厳しくなるでしょう。

これは稼ぎの良い人でも同じです。

今まで2人で負担していたものを1人で負担することになれば、必ずどこかにひずみが出てきます。

2人ともに生活水準を下げて一人暮らしできる賃貸物件を探せばいいことですが、人は誰しも見栄、プライドを持って生きていますので、一度上げた生活水準をすぐには下げられないものなんですね。

2人が今の生活水準を下げずに暮らすのはすぐさま仲直りすることが大切です。

別れ話を撤回してもらうためにも、復縁したい旨を素直に伝えましょう。

素直に話し合うことで、彼の勢いに任せた怒りも徐々に溶けてくるはずです。

お互いの両親への挨拶を済ませた、結婚を控えたカップル

甘えたい彼女

お互いに結婚の気持ちを確かめ、お互いの両親との顔合わせも終わっているカップルがふとしたことで喧嘩をして別れることになった。

まるでテレビドラマのような物語ですが、このように結婚を控えたカップルには冷却期間は必要ありません。

むしろ、冷却期間を置けば結婚の話もなくなってしまう可能性大ですので、復縁の話は早めに進めるようにしましょう。

お互いの両親との顔合わせが終わっているとなれば、気分はもう夫婦同然。

その満足感から喧嘩をしてしまうカップルも少なくありませんが、結婚を決めたということはお互いが人生の伴侶だと思える相手だということです。

このようなカップルの場合、お互いが今の状況を理解していることから、どちらかともなく謝るタイミングをつくり、すぐに復縁できることでしょう。

長引かせてしまうと破断になる可能性大ですので、早めに話し合う機会を設けることをおすすめします。

元彼との間に冷却期間を設けたらどうなるの?確かに得られる復縁のための効果

以前より信頼し、愛し合える2人になれる

仲の良い大人カップル

元彼との間に冷却期間を置くことで得る効果は、以前の2人よりも愛し合える2人になれることです。

冷静に相手のことを考える時間をつくることで、相手のどこが好きだったのか、どんな風に思い、大切にしていたのかなどを知ることができます。

そうなれば、以前より深い信頼関係で結ばれることとなり、更に愛し合える2人になることができるでしょう。

冷却期間を置くことによって得られる効果はさまざまですが、2人が暫しの間会えなくなることで寂しさが募り、その寂しい気持ちから相手のことを思い出すようになることは復縁する2人にとっては喜ばしいことです。

好き同士で信頼し合える関係性というのはどんなカップルにもあるものでもありません。

復縁するための冷却期間を置いた体験をしたカップルにのみあるもので、その信頼関係ができたからこそ、深い場所で愛し合える2人になれたといえるでしょう。

女性としての自信が生まれ、綺麗になれる

心の綺麗な女性

冷却期間を置いた女性は誰もが女性としての自信が生まれ、綺麗になれます。

その理由は、冷却期間の過ごし方にあります。

女性はみな欲張りです。

ただ元彼からの連絡を待っているだけの時間を過ごす人はいません。

誰もが元彼に一泡吹かせたい、元彼を単純にびっくりさせたい、逃がした魚は大きいことを思い知らせてやりたいという思いを持っていて、自分の美を追求し、女としてのグレードを上げることに執着するのです。

もちろん、肌のケアに勤しむ人もいるでしょう。

ダイエットをして女性らしいスタイルを手に入れる人もいるでしょう。

これは誰もが元彼に自分との別れを後悔させたいという一念から起こす行動といえるでしょう。

綺麗になった元カノが目の前を悠然と歩いていたら、元彼は気になって仕方ないでしょう。

何事も落ち着いて考えることができることから冷静沈着な女性だと噂される

クールビューティ

別れた後に冷却期間を置くことで女性が得る最も大きな効果といえば、何事も落ち着いて考えることができる習慣がつくこと、冷静沈着な女性だと噂されることです。

ちなみに、仕事を持っている女性が出世するには冷静沈着な女性と呼ばれることが条件の一つでもあります。

女性はどちらかといえば感情的になる人が多く、客観的に物事を見て判断できる人はそう多くはありません。

日本が男性社会と言われる所以は女性には感情的になる人が多く、人をうまく指導、物事をスムーズにまとめる力がないとされているからです。

冷却期間を置くことで何事も落ち着いて考えることができる、冷静沈着に行動することができるという術を身に着けることができれば、出世も間違いなしです。

彼があなたと同じ会社に勤務している場合、彼はあなたが出世していく様を目の当たりにして、あなたの違った一面を知るかもしれません。

もしも、彼が仕事に誇りと野心を持ち、熱心に取り組む男性だった場合、あなたを見る目が変わり、あなたとの結婚を真剣に考え始めるかもしれません。

野心家の男性にとって、いつでも冷静に物事を判断できる女性はかけがえのない存在です。

冷却期間に物事を落ち着いて考えることの大切さに気付いたあなたは、生涯ただ一人の愛する男性を取り戻すことができるでしょう。

別れの原因別の冷却期間に必要な期間とその間の過ごし方

些細なことでの口喧嘩で別れた場合

彼からの連絡を待つ女性

些細なことで口喧嘩してしまい、それが原因で別れた場合、冷却期間は1週間、長くても10日となります。

口喧嘩はどんなに仲良しのカップルでも必ずするもので、ちょっとした意見の食い違いや価値観の違いで口喧嘩になることは付き合っていれば誰もが経験するものです。

お互いに意見を言い合える関係になれたということはそれだけ2人の距離が近づいた証拠でもありますね。

このような些細なことでの口喧嘩の場合は1週間ほどの冷却期間を置けば、お互いに冷静さを取り戻し、また、以前のような仲の良い関係に戻れるでしょう。

ちなみに、この場合、どちらが先に連絡を取っても構わないのですが、今後のことを考えるのであれば、あなたから彼に連絡を取ることをおすすめします。

男性はどちらかといえば女性よりもプライドの高く、素直になれない部分を持っている人も少なくありません。

あなたからの連絡がないとなれば、そのプライドの高さからか傷つくことが怖くなることから、あなたへは二度と連絡はしてこないでしょう。

そうなると、2人はあなたから連絡を取らない限り、それっきりになってしまう可能性大です。

こうなってしまえば、復縁は遠ざかってしまいますので、1週間ほどが過ぎたころにあなたから連絡を取ってみましょう。

直接声が聞ける電話がベストですが、忙しくて個人の電話に出られない彼にはline、メールでもOKです。

1週間から10日、何げなく過ごしていればすぐ終わってしまう期間ですが、彼との復縁の効果を考えるのであれば、この間、ただ何となく過ごすのではなく、美人度を上げることに集中してみてはいかがでしょうか。

例えば、エステサロンです。

彼とデートに忙しくて自分の肌のチェックができなかった人はこの機会にエステサロンに通って美肌を手に入れましょう。

顔はもちろん、身体全身、髪の毛など、日ごろケアできていない部位をプロの手に委ね、彼に二度惚れさせてみてはいかがでしょう。

彼が浮気して別れた場合

寂しさを感じる彼女

彼が浮気して別れ話へと発展してしまった場合、冷却期間は1~2か月がおすすめです。

喧嘩してあなたと別れても、もしかしたら、彼はその浮気相手と仲良くしているかもしれません。

そんなところは見たくないですよね?

そうなれば、冷却期間は1か月から2か月は置いてみましょう。

彼が反省して浮気相手とすぐに別れているならば1か月、まだダラダラと付き合っているとの噂が耳に入っている場合は2か月、その浮気相手と本気の恋愛中だと聞いた場合は潔く諦めることをおすすめします。

こういった場合、よほどのことがなければ浮気相手と本気の恋愛へと進展することはありませんが、浮気相手が以前より彼のことを狙っていてあなたと別れるように仕向けたとなれば、浮気が本気へと変わったとしても不思議はありません。

その時には彼とは縁がなかったと思い、忘れてしまうことがあなたのためです。

そうではなくて、単なる浮気だった場合には1~2か月、彼の行動をチェックしつつ彼から連絡が来るのを待っていましょう。

ただじっと1~2か月の間、待っているだけでは勿体ないですよね?

この期間に彼が浮気したことについて、真剣に考えてみてはいかがでしょう。

浮気されることは辛いことですが、浮気するには浮気するだけの理由があるものです。

例えば、浮気相手とあなた、見比べてみてどう感じましたか?

まずは、自分の反省点を探し、反省することから始めましょう。

そうやって気を落ち着かせて冷静に考えていくことで、彼が浮気した理由が見えてきます。

理由が分かれば、あとは行動あるのみです。

人は誰でも考えて反省し、反省点を見直すことで成長することができます。

再会した際、彼に人間的に成長したあなたを見せてあげましょう。

彼を浮気させない彼女になることができれば、彼の感情を自由自在にコントロールできる日も近いといえます。

長すぎた春が原因で別れた場合

将来を考える彼女

長すぎた春が原因で喧嘩して別れてしまった場合、冷却期間は3か月から半年となります。

3か月は一つの季節が終わる時、半年は1年の半分、春から夏、夏から秋が過ぎて冬が来たで半年です。

この間、ものすごく長く感じるかもしれませんが、長めの冷却期間を置くことで長すぎた春にピリオドを打つきっかけがつくれるかもしれません。

なぜ、半年もかかるのか、不思議に感じる人もいますよね?

付き合いが長くなると相手が何を考えているのか、どうして欲しいのかが手に取るように分かるといいます。

それだけ相手との距離が近いということですが、それだけに別れ話が深刻なものになってしまうわけです。

付き合って日が浅いカップルならば、喧嘩したとしても「あの人にはこんな面があったのか」で済むことが多いのですが、これは相手の知らない面を知ったという発見につながるからです。

知らないことを知る嬉しさは恋愛している人であれば、よく分かるのではないでしょうか。

しかし、付き合いが長くなれば、相手の良い面、悪い面は熟知しています。

よく知っているだけに、相手のして欲しいことが分かるんですね。

ただ「ごめん」とお互いが謝ればいいだけのことなんですが、付き合いが長いと「あいつには自分より相応しい人が他にいるのではないか」「あの人にはもっとお似合いの女性がいるはず」など、お互いが相手のことを思いやるあまり仲直りする機会を失ってしまうんですね。

お互いがこんな風に思いやっていると、ただそれだけで時間が過ぎて行ってしまいます。

そうこうしているうちに季節が変わり、徐々に連絡が取りにくくなって、また季節が変わり…、もしかしたら、もう別の相手がいるのではないかと思い始めた時、ようやく相手のことを真剣に好きだったことに気づくというわけです。

自分の本音に気づいた彼、彼女は「結婚しよう」の言葉を伝えるために連絡を取るはずです。

その時、素直に「はい」と言えるよう、3か月から半年の冷却期間に自分磨きを行っておきましょう。

自分の肌ケアを行うもよし、新しい自分を手に入れるための趣味の時間をつくるのもよし、将来のことを考えて料理教室に通うのもよし、どんなことでも構いませんので、まずは自分磨きに精を出しましょう。

綺麗になり自信にあふれているあなたを見て、彼はきっと二度惚れするはずです。

冷却期間の見極め方について、効果・必要な期間などをアドバイス

自分の未来を信じる女性

大好きな彼でもふとしたことで喧嘩してしまうことはままあることですが、それが別れ話へと発展してしまった時には注意が必要です。

冷却期間を置くことで良い結果に向かう場合がありますが、別れ方によっては冷却期間が必要ない場合があります。

喧嘩して別れ話になった時は、まずは冷却期間が必要か不必要かを見極めましょう。

その時の見極め方がその後の2人の行方を左右することもありますので、見極める際は慎重に、尚且つ冷静に判断することをおすすめします。

復縁ムーン
最新情報をチェックしよう!
>復縁ムーン

復縁ムーン

復縁ムーンはどうしても元カレと復縁したいアナタ向けのハウツー記事を無料公開する復縁特化型メディアです。心理学を使った男性心理を操るテクニックや、おまじないなどのスピリチュアルな復縁方法など復縁に関する最新情報をお伝えいたします。

CTR IMG